堀島行真のスキー板やブーツ・ウェアはどこのブランド?イケメン画像も!

スポーツ
スポンサーリンク

北京オリンピックのスキーフリースタイルスキー・モーグル競技に出場する堀島行真選手。

平昌オリンピックでは失意の11位で涙を飲んだわけですが、今回はその雪辱を晴らすためにも、万全の準備をしてきているそうです。

 

金メダル候補ともうわさされている堀島行真選手が、使っているブーツはどこのブランドのものなのか気になります。

また、強さの秘訣とも言えるウェアやスキー板などのギアについても調査してみたいと思います。

 

そして、堀島行真選手はイケメンだと話題になっているようです。

そのイケメン画像もご紹介します!

スポンサーリンク

堀島行真選手のブーツはREXXAM(レグザム)!

堀島行真選手が使用しているブーツのブランドはREXXAM(レグザム)のXX‐LIMITEDです。

このブランドは上村愛子さんが使用していたことから、堀島行真選手もここのブーツを使おうと思ったそう。

中学校3年生のころから、このブランドを使っているそうです。

堀島選手が使っているブーツは、堀島選手とレグザムが共同開発したモーグル選手専用のモデルです。

スキーモーグルのコースの特徴である、コブの中でキレのあるカービングを描くことでスピードを出し、ブーツ自体の反発でエアの高さを出すことが出来るそう。

競技選手にぴったりのモデルですね!

堀島選手はこのブーツのロゴカラーが日の丸と同じ白と赤でデザインされているのを気に入っているそうです!

こちらは楽天市場でも買うことができます。

引用:楽天市場

21-22 REXXAM レクザム XX-LIMITED クロスリミテッド BX-Sインナー仕様

堀島行真選手のウェアやスキー板は?

堀島行真選手の使用しているウェアやスキー板も調査してみました!

堀島行真選手が北京オリンピックで使用しているウェアブランドはGoldwin

堀島行真選手が普段使用しているウェアはONYONEというブランドだという情報がありました。

ただ、北京オリンピック予選では、公益財団法人全日本スキー連盟とのオフィシャルユニフォーム契約をしているGoldwinのウェアを使用していました。

引用:Goldwin公式ホームページ

Goldwinは、選手からの様々なフィードバックを基に、ウェアの形や防水性・保温性を改良し開発したとのこと。

スキーウェアブランドとしては50年以上の歴史があるブランド。

世界で活躍する堀島行真選手にとっても安心のサポートブランドですね!

堀島行真選手のスキー板はID one(アイ・ディー・ワン)

堀島行真選手が使っているスキー板のブランドは、「ID one(アイ・ディー・ワン)MR-CE 172cm 」です。

ID oneのホームページには、堀島行真選手が使っているスキー板の紹介がありました。

引用:ID oneのホームページ

 

 

このスキー板は、大阪府守口市にある社員がたった4人という小さな会社「マテリアルスポーツ」が手掛けています。

開発のきっかけになったのが、この会社の社長とモーグル選手だった上村愛子さんとの会話でした。

上村愛子さんが、用具を提供していたマテルアルスポーツの社長と会食をした際、自身に合うスキー板がない、と話すのを聞いて、自分が作ろうかと提案したそう。

そんな、選手の要望から生まれたこのスキー板は、切れ目のあるエッジを使用することで、エッジ自体の張りがしなやかになり、スキーのたわみを十分に引き出せるという構造。

モーグルのコースでのコブ斜面でタテに攻めつつ、カービングターンも実現できるという優れものということです。

 

堀島選手が使っている「IDone MR-CE 」は、モーグル上級者に人気のモデルだそうです。

楽天市場でも購入が可能です。

 

 

また、ICDIというスキー板のチューンナップ、修理、メンテナンスを行っている会社のインスタグラムには堀島行真選手の最終調整をした写真が公開されています。

オリンピック選手が多くの人の手に支えられて競技を行っていることが感じられますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ICDI(@icdi.tune.up)がシェアした投稿

堀島行真選手はイケメンと話題!画像も!

堀島行真選手はイケメンだということも話題となっています。

確かに好青年でイケメンですよね。

 

Twitter上でもイケメンだというコメントが見つかりました。

それでは堀島行真選手のイケメン写真を紹介します。

こちらはメディアで取り上げられた堀島行真選手の紹介写真です。

俳優のような上品な顔立ちです!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oigetit Japan(@oigetit_jp)がシェアした投稿

次は堀島行真選手の所属先であるTOYOTAのロゴの入ったTシャツを着た写真です。

ガッツポーズをした端正な顔立ち!

確かにイケメンですね。

堀島行真選手はインタビューでの答え方が、ほかのアスリートには見られないような知性と感性の両方を感じさせると言われています。

そんな知的な雰囲気が顔に表れているのではないでしょうか。

まとめ

北京オリンピックのスキーフリースタイルスキー・モーグル競技に出場する堀島行真選手。

金メダル候補ともうわさされている堀島行真選手が、使っているブーツはどこのブランドのものなのか、ウェアやスキー板についても調査しました!

 

堀島行真選手が使用しているブーツのブランドはREXXAM(レグザム)のXX‐LIMITEDです。

ウェアについては、普段はONYONEというブランドを使用しているようですが、今回の北京オリンピックについては公益財団法人全日本スキー連盟とのオフィシャルユニフォーム契約をしているGoldwinのウェアを使用していました。

スキー板のブランドは、「ID one(アイディーワン)MR-CE 172cm 」です。

 

最後に堀島行真選手はイケメンだと話題になっているので、画像を紹介しました。

確かに端正な顔立ちのイケメンでしたね!

 

今後の堀島行真選手の活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>
> >
スポンサーリンク
スポーツ
lattetocharoをフォローする
はるにれびより

コメント

タイトルとURLをコピーしました